Ko-Bo-制作日記 2017-06-25


あなたの街の家具工房発見サイト「Ko-Bo-」ですが、制作を開始してから約1ヶ月になろうとしています。
そしてそして、ようやくですが一つの県をまとめる事ができました!

えっ?遅い?
う~んすみません(._.)
だって日中は仕事だし、夜はすぐに眠くなってしまうので…
作業は週に何度か、仕事帰りにスタバで2~3時間って感じで進めていました。

記念すべき最初の県は~!
ドゥルドゥルドゥルドゥルドゥルルルルルルル~♪ズン!
ズバリ沖縄県!

なんで沖縄県かというと、私の性格上、北か南どちらか順々に進まないと気が済まないのと、北海道より沖縄の方が工房の数が少なかったから!
まぁあれですよね、土地の大きさが全く違うもんね^^;
北海道は旭川という家具の産地もあるし、工房の件数もそこそこありそうなので、今回最初の県は沖縄にしました!

沖縄の家具工房さんは、土地柄というか風土風習的な事もあるのか、木そのものの流線型を活かした家具が目に留まるような気がしました。
それと、思ってたより工房の数があったという印象です。

家具は組み立て品だろうが完成品だろうがどうしても大きなモノになってしまうので、ネットで買うと高額な送料が別途必要になってきたりします。

「送料無料☆」と大々的にアピールしているところも、ご利用規約がいたるところに(小さい文字で)「北海道・沖縄・その他離島は別途お見積り」と書かれていることがほとんどです。
商品そもそもの価値にはない「送料」という枠組みでお金を浪費してしまうのであれば、多少高くとも長く使えて、要望に合ったオーダーを作ってくれる工房さんは、もっと選択肢として増えて欲しいなと思います。

あと、これは裏話的な内容になりますが、「北海道・沖縄・その他離島」への配送は配送事故等のリスクが格段に上がるので販売者側はちょっと構えます。
たとえ配送事故で無かったとしても、中身に不良や不足があった場合に、交換や返品となると利益なんて軽く吹き飛んでしまうほどの高額な送料が降り掛かってくるからです(´;ω;`)
なにも無ければに越したことはないんですが、もしものことを考えると販売者側としては構えてしまうそうです。

まぁそもそも、送料無料といった概念がおかしいですからね。
実質は無料なわけないですから笑
データではない実在の物を何処かに移動するわけですから、人手や時間、その他色々とかかってくるわけです。
予め商品代金に含まれている事は、消費者も気づいているはずだから、いい加減この「送料無料」という悪しき表現はやめた方がいいのにな~と、勝手ながら私は思います。
運営管理上そうせざる得ないというところもあるかもしれませんが…

 

話が脱線してしまいましたが、ようやくひとつの県を仕上げる事ができました!
残り46都道府県…
道のりは長~~~~~~~~~~~いですが、ぼちぼちと作っていきますね(*^^*)
取り敢えず47都道府県の家具工房さんを一通り列挙したあとに、内容の充実を図っていきたいと思います!

本当はね、全ての工房さんのところに出向いて、職人さんのインタビューとか工場の様子とか、もっともっと詳しくやったりしたいんですが、それが本当にできるようになってる頃には仕事辞めてるでしょうね笑

ではまた~

コメント

タイトルとURLをコピーしました